スマホ版MT4/MT5を使いこなす

こんばんは、副業トレーダーのYUIです(*Ü*)ノ”

専業トレーダーでない限り、ほとんどの方が仕事をしながら合間の時間でトレードを行っていると思います。そうなるとPCのMT4/MT5より、スマホ版の方が必然的に使う機会が多くなります。

この記事ではスマホ版MT4/MT5の使い方をどこよりも詳しく解説します。

アプリインストールからログインまで

アプリのダウンロードはアプリストアから行います。

iPhoneならApp Store、AndroidならGoogle Playで『MT4』または『MT5』で検索してアプリをインストールします。

気配値メニュー

通貨ペアの売買レートが一覧となって表示されています。

特定の通貨ペアをタップすると、その通貨ペアに対するメニューが表示されます。

トレードをタップすると、その通貨ペアの注文画面に移ります。

チャートをタップすればチャート画面に移ります。

シンプルモードと詳細モード

シンプルモードは現在のレートのみです。

詳細モードは現在のレートに加えて、その日の安値と高値、現在のスプレッド差が表示されます。

通貨ペアを追加する

表示されていない通貨ペアを追加するには、右上の+をタップします。

ペアのカテゴリを選びます。

ペアのカテゴリはFX会社によって異なります(写真はXM)

表示したいペアの左にある緑+をタップします。

通貨ペアが追加されます。

通貨ペアを削除する

表示される通貨ペアを減らしたいときは、左上のペンマークをタップします。

削除したい通貨ペアをタップして、赤丸チェックを入れます。

赤丸チェックが入れられない通貨ペアは、「通貨ペアは注文を出している」or「チャートで表示している」ためです。

チェックを入れたら、右上に表示されたゴミ箱マークをタップすれば完了です。

通貨ペアの順番を入れ替える

左上のペンマークをタップ。

通貨ペア右の横棒アイコンをタップしたまま、持っていきたい場所にスワイプさせる。

これで通過ペアの順番を入れ替えることができました。

チャートメニュー

時間足の切り替え

左上の時間足アイコンをタップして、お好みの時間足を選択するだけです。

MT5でも時間足は9つとなっていて、PC版と比べると少ないです。

時間軸と価格軸/カーソル表示

MT5は時間軸(縦軸)と価格軸(横軸)が自動で省略されてしまいます。

そんなときはカーソル表示が便利です。

カーソルを自由に動かして時間と価格の値を表示することができます。

インジケータ

チャート上部のインジケータマークをタップすると、インジケータメニューが開きます。

インジケータ追加

『メインウィンドウ』をタップ。

追加したいインジケータをタップ。

インジケータの設定を行い、完了をタップ。

追加したインジケータが表示されます。

インジケータの編集

インジケータメニューで編集したいインジケータ名をタップ。

パラメータや色などを編集して、『完了』をタップする。

インジケータの削除

インジケータメニューで削除したいインジケータ名を右から左へスワイプ。

『削除』をタップ。

フィボナッチ・トレンドラインなどオブジェクト追加

フィボナッチやトレンドラインはオブジェクトメニューで操作します。

チャート画面のオブジェクトアイコンをタップ。

オブジェクト追加

オブジェクトを選択(ここではフィボナッチを例に説明します)。

チャート画面でタップ(どこでも良いです)。

点を長押しすることで移動させられます。

左上にウインドウで拡大されるので、高値・安値に合わせます。

真ん中の点をスワイプさせると、ラインの幅を保ったまま移動させられます。

オブジェクト削除

オブジェクトメニューを開き、表示させているオブジェクトを右から左へスワイプ。

『削除』をタップして完了です。

チャート画面で注文を出す

チャート画面で右上のアイコンをタップすると、成行注文が行えます。

MT4はチャート画面上で注文できず、成行注文画面へ移ります。

左の値をタップするとショート、右の値をタップするとロング。

真ん中はロットとなります。

トレードメニュー

証拠金状況と入ってるオーダーが表示されます。

残高→リアルマネーの状況

有効額→リアルマネー+ボーナスの合計

クレジット→ボーナス額

可能額→有効額から必要最低証拠金・含み益・含み損を考慮した実際に使える額

注文を出す

右上の+アイコンをタップ。

①通貨ペアを選択する

②注文方法を選択する

③Lotを選択する

④指値・逆指値の注文値を入れる

⑤ストップ値(逆指値)を入れる

⑥利食いの指値を入れる

⑦注文の期限を入れる(GTCは無期限)

⑤⑥は入力しなくても注文しなくても大丈夫です。

『発注』ボタンが赤くなれば、これをタップすることで発注可能です。

『発注』ボタンがグレーのままなら、入力値がおかしいため発注することができません。

指値、ストップ、利食い、注文方法、lotを確認しましょう。

注文変更

オーダーをタップ。『注文変更』で指値、ストップ、利食いを変更することができます。

ロットはここから変更できないので、一旦注文を削除して、もう一度注文し直します。

履歴メニュー

直近で約定したポジション一覧を見ることができます。

『オーダー』タブはキャンセルした注文も含めて見ることができます。

約定タブは約定したものだけです。

右上の時計マークをタップすることで、通貨ペアや期間を選択して、取引履歴を見ることができます。

設定メニュー

別の既存口座へのログイン、チャートの足や背景色の変更はここの画面から行います。

口座の追加

一番上のところをタップします。

右上の『+』をタップします。

初回ログイン時と同じようにXM会社とサーバー番号を選択して、IDおよびパスワードを入力すれば完了です。

新規口座

ここからは新規口座は開設できません。

新規口座開設はFX会社のホームページから行います。

受信トレイ

FX会社やメタクォーツ社からの連絡事項が入ります。

あまり使うことはありません(笑)

ニュース

これも使うことはありません(笑)

Tradays

ここから経済指標のカレンダーを見ることができるアプリをダウンロードできます。

指標の情報はみんかぶFXとかで見ればよいので、あまり要りませんね(笑)

チャットとメッセージ

メタクォーツ社のMT4/MT5コミュニティにログインすることができます。

OTP

MT5口座と連携していれば、口座に6桁のパスワードでログインできます。

インターフェース

言語の切り替えができます。

チャート

ここからチャートの設定ができます。

チャートタイプの変更

チャート形状を変更することができます。

買い気配値ライン

デフォルトではチャートに売値のラインしか表示されません。

『買い気配値ライン』をオンにすると買値ラインも表示されます。

見にくかったら消してしまっても良いと思います。

期間区切り線

期間区切り線をオンにすると縦に期間を区切るラインを入れられます。

1時間足なら1日区切り、日足なら1ヶ月区切りといった形です。

トレードレベル

これをオンにすると持っているポジション、指値注文、利食い指値、損切り逆指値がチャートに表示されます。

取引履歴

2020年6月からMT5に実装された機能です。

過去の取引が矢印で示されます。

上向きの青矢印や買い、下向きの赤矢印は売りの注文履歴です。

4本値

オンにするとチャートに4本値が表示されます。

右から順番に、始値・高値・安値・終値です。

最新の時間足の4本値が表示されていますが、カーソルを当てるとその足の4本値が表示されます。

カラー

ここでチャートの色を変更することができます。

これで見やすいようにチャートを変更してみましょう。

オススメのFX会社

MT4/MT5を利用するには対応しているFX会社で口座開設が必要です。

私のオススメはXMです。

口座を開設するとトレード資金3,000円がもらえるので、ノーリスクでトレードを始められます。

YUI

FX会社はいろいろ使ってきましたが、最終的にはXMに落ち着きました。日本人口座開設数No.1ですので、初めてMT4/MT5を使うならXMだと失敗がなくて良いと思います!

XMについては下記の記事で詳しく解説しているので、合わせて見て下さい。

XM公式ホームページ