最近人気のTitan FXってどうなの?使用感をレビュー

こんにちは、副業トレーダーのユイです(◍•ᴗ•◍)

最近人気のTitan FXで口座を開設してみたので、気に入ったポイントや使用感をレポートします。

良い部分だけでなく、イマイチなところも紹介するので、口座開設を迷っている方は参考にしてもらえると幸いです(ฅ’ω’ฅ)

Titan FXってどんな会社?

Titan FXは2015年にサービスを開始した海外FXブローカーです。

もともとはPepperStoneという名前で営業していたブローカーから、 スピンアウトする形で立ち上がったブローカーです。

トラブルなどがあったからなどではなく、 PepperStone社がオーストラリアの金融ライセンスを保持していて、 日本の金融庁からの締め付けが強化されたために、新たにニュージーランドでライセンスを取り直してサービスを開始したそうです。

2015年からのサービス提供開始と海外FXブローカーのなかでも比較的浅い歴ですが、 低スプレッドと高い約定力から、日本人を中心に指示を集めているFXブローカーなんです(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ु⁾⁾

海外FXの中でも特にスプレッドが狭い

Titan FXの最大の特徴は、スプレッドの狭さです。

日本で一番人気のXMと比較してもその差は歴然です!

以下は各社の主要通貨ペアのスプレッドを比較した表です。

FX通貨ペア  TitanFX   Axiory    XM
USD/JPY 1.33pips 1.5pips 1.6pips
EUR/JPY 1.74pips 1.7pips 2.6pips
GBP/JPY 2.45pips 2.7pips 3.5pips
AUD/JPY 2.12pips 2.1pips 3.0pips
EUR/USD 1.20pips 1.3pips 1.6pips
GBP/USD 1.57pips 1.9pips 2.3pips
AUD/USD 1.52pips 2.1pips 1.8pips

※スタンダード口座の平均スプレッドで比較しました

TitanFXではスタンダード口座(STP方式)とブレード口座(ECN方式)の2つの口座タイプを選ぶことができます。

一般的にスプレッドが広くなりがちな海外FXにおいて、どちらの口座もスプレッドは最狭クラスです。

スタンダード口座・・・裁量トレードが主の初心者、中級者用

ブレード口座・・・ 大ロットでのスキャルピング、EAでの超短期売買などが主の中級者、上級者用

ブレード口座はスプレッドが極限まで狭くなる代わりに取引手数料が発生します。

口座開設時にどちらかを選ぶことになりますが、TitanFXではワンクリックで簡単に追加口座の開設できるので、誤ったら追加口座で別のタイプを選べば良いので、神経質になりすぎることはないですよo(*・ロ・*)o

Titan FXで口座を開設する

約定力が高い

Titan FXの約定力はとても優れています。

指標発表時など値動きがものすごく激しい時は多少スリッページはありますが、リクオート・約定拒否はほとんど発生しません。

リクオートとは、為替レートが急変動した場合に、本来発注した価格ではなく決済可能な価格で約定していいかどうか、価格を再提示して聞いてくること。

数値データはどこまで比較できるのか難しいのですが、感覚的にはXMと同等と感じています。

こればかりは実際に体験してみないと分からないと思うので、気になる方はまずは少額で試してみると良いと思いますよ٩(•̤̀ᵕ•̤́๑)

NDD方式で取引の透明性が高く、取引制限は一切なし

TitanFXはNDD(ノーディーリングディスク)方式を採用しています。

間にディーラーを通さない取引方式のため、顧客とFX会社の利益が相反せず、非常に透明性が高い取引環境と言えます。

利益が相反しないからこそ「ストップ狩り」「レートずらし」「※不利なスリッページだけ発生する」ということは起こりません。

※指標発表時などはスリッページが発生する場合もあります。ただDD業者のようにトレーダーに一方的に不利なスリッページのみが発生するわけではなく、NDD業者ではトレーダーに有利なスリッページも発生します。

また、NDD方式を採用している業者の利益は、顧客が取引することによって得られるスプレッド収入のみなので、顧客に取引してもらえばもらうほど、業者も儲かる仕組みです。

そのためスキャルピングやEAが禁止されるなどの取引制限は一切ありません。

ただし、アービトラージなど他のFX業者でも禁止されている不正取引はTitan FXでも行うことができませんよ꒰๑•́ധ•̀๑꒱

Titan FXで口座を開設する

最大レバレッジ500倍、ロスカット水準20%、ゼロカットによる追証なし

Titan FXの最大レバレッジは500倍、海外FXにおいては並の水準ですが、フルレバレッジでの取引はちょっとの値動きでロスカットになってしまうので、500倍もあれば十分だと思います( •ω•ฅ)

またFXブローカーによっては入金額により最大レバレッジが制限されることがありますが、Titan FXでは入金額に関わらず、最大レバレッジは500倍で一定のままです୧(˃◡ु˂)୨

※XMでは最大レバレッジ888倍ですが、入金額200万円以上となると200倍に制限されます。

またロスカット水準は20%となっているので、値動きが逆行しても、ギリギリまでポジションを保持することができます。

またゼロカットがあるため、追証が一切ありません。

なので預けた証拠金以上の損失が出ることはないので、安心してトレードをすることができます(♥ŐωŐ♥)

Titan FXで口座を開設する

取引通貨が豊富

TitanFXはFX通貨ペア63種類、貴金属6種類、資源3種類、株価指数CFD11銘柄の取引が可能となっていて、様々な取引を楽しむことができます(๑´ㅂ`๑)

メジャー通貨ペア・JPY通貨ペア・クロス通貨ペアはもちろんのこと、マイナー通貨ペアやエキゾチック通貨ペナなど他のFXブローカーでは見られないマニアックな通貨も取引ができます。

貴金属では金・銀以外にも、プラチナ・バラジウムを揃えており、資源ではブレント原油、WTI原油、天然ガスなど、ボラティリティが激しい商品もハイレバで取引することができるので、少ない資金でも大きく稼ぐチャンスがあります(๑˃̵ᴗ˂̵)و

Titan FXで口座を開設する

日本語に完全対応しているので、英語ができなくても大丈夫

ホームページは完全に日本語対応しているので、英語が全くできなくても大丈夫です(๑’ڡ<๑)

また、TitanFXのサポートは全て日本人が日本語で対応してくれます(*´˘`*)♪

電話・メール・チャットでサポートとやりとりすることができます。

月曜日〜金曜日の午前8:00〜午後9:00(日本時間)までサポート対応してくれるので、何か問題が起きても安心ですね( *’ω’*)

信頼性・安全性はそこまで高くはない

TitanFXはバヌアツ共和国の金融ライセンスを持っています。

バヌアツ共和国の金融ライセンスは他の国の金融ライセンスに比べ審査が緩く、それほど取得が難しくないそうです(๑•́ ₃ •̀๑)

また運営歴も4年と浅く、まだ長いとはいえません。

Titan FXのスペックはすごく良くても、利用しているトレーダーがXMのように多くはないので、あまり多くの情報が出回っていません。

今のところ、私自身も出金拒否などはないし、Twitterなどから出金拒否などの声は聞かれませんが、トレーダーから抜群の信頼を得るに至っていないというのが実状です(∩´﹏`∩)

Titan FXではボーナスは一切付かない

Titan FXはボーナスは一切ありません。

FXブローカーが提供するボーナスは、「スペックを体感してもらいたい」「長くトレードを続けてほしい」という想いから、自らの利益を削り提供されているもの。

Titan FXではボーナスの代わりにトレード環境を良くしようという形で、ボーナスが提供されていないのです。

この辺りはトレーダーの好みなので、ボーナスよりトレード環境を重視したいという方はTitan FXが向いていると思いますよฅ(๑•∀•๑)

MT5に未対応

Titan FXは取引プラットフォームにMT4を採用しています。

しかし、最新のMT5プラットフォームには未対応です。

インジケーターやEAの互換性からMT4が未だに根強い人気なので、それほど影響はないかなと思いますが、XMなどでカスタマイズされたMT5を使ってトレードしていた方は乗り換えがちょっと難しいかなと思います(。•́︿•̀。)

Titan FXはボーナスよりスペックを重視したい方にオススメ

私がTitan FXを使ってみて感じたことをまとめてきましたが、いかがでしたか?

Titan FXはボーナスこそありませんが、スペックは海外FXブローカーの中でもトップクラスとなっているので、今のブローカーのスペックに不満を持っている方にオススメのFX口座となっています(o˘◡˘o)

ぜひ業界トップクラスの取引環境で快適なトレードを試してみませんか٩(∂ืω∂ื)❤

Titan FXで口座を開設する