XMの3つ口座タイプの違いを完全解説!これでもう迷わない!

こんにちは、副業トレーダーのユイです(ฅ’ω’ฅ)

今回はXMの口座タイプについて解説していきます٩(•̤̀ᵕ•̤́๑)

XMでは3つの口座タイプが用意されています。

・マイクロ口座

・スタンダード口座

・XM Zero口座

「口座タイプの違いが分からない」

「どれが自分に合っているんだろう」

という方に向けて、この記事では3つの口座タイプの特徴や違いを解説し、どの口座を選ぶと良いのかを紹介します。

取引スタイルや資金状況に応じて、最適な口座タイプが分かるように説明していきますねヽ(•̀ω•́ )ゝ

XM公式ホームページの口座タイプ紹介

口座タイプ比較表

XMの3つの口座タイプの違いが分かりやすいように横並びで比較できる表にまとめてみましたღ❤ღ´ェ`*)

項目 マイクロ口座 スタンダード口座 ZERO口座
ボーナス 100%入金ボーナス
3000円未入金ボーナス
XMPロイヤリティプログラム
3000円未入金ボーナス
注文方式 STP ECN
最大レバレッジ 888倍 888倍 500倍
1lot単位 1,000通貨 100,000通貨 100,000通貨
最大取引量
(1ショットあたり)
100,000通貨
(100lot)
5,000,000通貨
(50lot)
5,000,000通貨
(50lot)
最小取引単位 10通貨
(0.01lot)
1,000通貨
(0.001lot)
10,000通貨
(0.01lot)
最低入金額 500円 500円 10,000円
取引手数料 なし なし 1.0pips/取引
スプレッド ドル円平均
1.6pips
ドル円平均
1.6pips
ドル円平均
0.1pips
FX通貨ペア 57種類 57種類 56種類
CFD取引ペア 42銘柄 42銘柄 なし
貴金属取引ペア 5種類 5種類 なし
最大保有
ポジション数
200ポジション
※同一アカウント内で保有している全口座のトータルポジション数

それぞれの違っている部分にフォーカスを当てて表を作っています。

なお以下の点は全ての口座タイプで共通となります。

  • マージンコール50%以下
  • ロスカット水準20%以下
  • ゼロカットにより追証がない
  • 取引ツールはMT4・MT5から選べる

マイクロ口座とスタンダード口座の違いは取引ロットのみ

マイクロ口座とスタンダード口座の違いは取引ロット(取引量)だけです。

マイクロ口座では最低取引ロットは10通貨(0.01Lot)、1回の注文で10万通貨(10Lot)までポジることができます。

スタンダード口座の最低取引ロットは1000通貨(0.01Lot)、1回の注文では500万通貨(50Lot)までポジることができます。

その他のスプレッドや取引ができる通貨ペアや銘柄、ボーナスやキャンペーンなどは全く同じです。

マイクロ口座かスタンダード口座かで迷う場合は、ご自身の資金に応じてどちらかを選ぶと良いかと思います(✿❜◡❜❁)

XM Zero口座の特徴

XM Zero口座はECN口座となっているので、マイクロ口座・スタンダード口座とスペックが異なります。

ECN口座とは約定仕方です。

簡単に説明すると、スプレッドが極限まで狭くなりますが、取引手数料が発生します。

マイクロ口座・スタンダード口座との違いは以下の通りです。

XM Zero口座の特徴

  • 最大レバレッジ500倍
  • 入金ボーナス、ロイヤリティプログラム非対応
  • 最低入金額1万円~
  • CFDや貴金属の取引はできない

Zero口座は入金ボーナスやロイヤリティプログラムの対象外となってしまうので、これらを受け取りながらお得に取引したい方には不向きです。

それでも、スプレッドが極端に狭くなるため、スキャルピングなどトレードスタイルによってはこちらのほうが向いていると思います(・ω<)

結局どの口座を選んだら良いの?

個人的にはマイクロ口座かスタンダード口座を選ぶことをオススメです(ฅ’ω’ฅ)♪

入金ボーナスにより証拠金が増え、ロイヤリティプログラムにより取引するたびにボーナスが付く点が大きなメリットとなります。

※ボーナスとロイヤリティプログラムについて詳しくは下の記事をご覧下さい

XMのボーナスに関する全知識を超まとめ☆ボーナスを活用してお得にトレードしよう!

私が最初に選んだのはマイクロ口座

XM歴5年の私が最初に選んだのはマイクロ口座でした。

ボーナスが付く点が大きな魅力でしたが、海外FXが初めてだったので取引量の少ないものを・・・ということでマイクロ口座を選択しました(●’▽’●)ゝ

マイクロ口座かスタンダード口座かは資金によって選ぶと良いかと思います。

感覚的にざっくりですが、証拠金が5万円以上の方はスタンダード口座でも良いかなと思います。

最低取引Lotは1000通貨~なので、少額から始めたい人にとっても合っているでしょう。

ちなみに、現在、私もスタンダード口座を利用しています。

証拠金が5万円以下もしくは海外FX初心者で、私と同じようにどうしても不安がある人はマイクロ口座が良いかな思います。

また10通貨、100通貨などごく少額でトレードの練習をしたいという方にもマイクロ口座がオススメです(๑’ڡ<๑)

初めてXMで口座を開設する場合には¥3,000のボーナスがもらえるので、これだけでも十分に取引を行うことができます。

デモ口座でもMT4・MT5の取引を体験することもできますが、デモ口座はあくまで仮想取引なので約定スピードだったりスリッページがリアル口座とは異なります(´•ω•`)

3,000円のボーナス自体は出金することができませんが、利益が出れば出金の対象となるので、 XMのスペックを試してみたいなら、3,000円のボーナスをもらい、マイクロ口座で取引を重ねる方がいいかなと思います♪ ٩( ´ω` )و ♪

スキャルピングやEAで自動売買を行う場合はXM Zeroを!

スキャルピングやEAを用いた自動売買を行う方はXM Zeroをオススメします(๑’ᴗ’)ゞ

トレード回数が多ければわずかなスプレッド差も収益において大きな差となりますからね!

「ECN口座ではXM Zeroよりもスペックの良い海外FXがある」

という評判もありますが、私はそのデメリットを許容してもXMを選択する価値があると思います。

XMは数ある海外FXの中でも最も評判が良く、出金拒否や口座凍結などのトラブルもほぼなく、海外FXの中でも長い運営歴があります。

スペックだけを重視して、トラブルの多い海外FX口座を選んでしまうより、安心して使えるXMを選んだほうが時間を有効に使え、トレードに集中することができますからね(๑• ㅁ• ๑)✧

0.0数pipsで勝敗を分けかれるくらいの手法・EAなら、そもそも手法としてあまり成立しておらず、 別の手法を選んだほうがマシだと思います。

スプレッドは定期的に見直しが行われますし、1日の中でも時間帯によって変動します。そうなったときに0.0数pipsで勝てなくなってしまいます。

EAを使う場合、XMでは毎月3,000円の費用でVPSを利用することができます。

なお以下の条件を満たすことでVPSが無料となります。

  • 毎月5lot(50万通貨)以上の取引がある
  • 口座に500ドル相当(約50万円)以上の残高がある

XMでは1人8つまで複数口座を開設することができる

一度選んだ口座タイプは途中で変更することはできません。

しかし、XMでは1人につき8つまで複数口座を開設することが可能ですʕ→ᴥ←ʔ

つまり最初にマイクロ口座で口座開設したとしても、追加でスタンダード口座やXM Zero口座を開設することができます!

また追加で開設した口座に既存の口座から資金を移動させることができます。

そのため新規口座を開設する際に、口座タイプ選びに神経質になりすぎる必要はありません٩(•౪• ٩)

口座タイプを誤ってしまったら、追加口座で改めて口座タイプを選び直せば良いのです。

とことん使いこなして最適な口座タイプを見つけて下さい

いかがでしたでしょうか?

XMの口座タイプの違いをご理解いただけましたか?

XMを使う上で口座タイプ選びはとても大事なポイントです。

しかし、上で書いたようにXMでは最大8つまで追加口座を選ぶことができます。

なので使っているうちに、

「もっと取引量を増やしたい」

「スプレッドが狭い環境で取引したい」

と思うようになったら、追加口座で別の口座タイプに切り替えればOKです٩(•̤̀ᵕ•̤́๑)ᵒᵏ

XMで口座を開設する