【XM】ロスカットのタイミングを解説!証拠金維持率と耐えられるpipsの計算方法

こんにちは、副業トレーダーのYUI(@yuifx16)です(ฅ’ω’ฅ)♪

この記事ではXMのロスカットのタイミングについて詳しく解説していきます。

YUI
証拠金維持率の計算方法が分からない。
YUI

どのくらいの値動き(含み損)に耐えられるか分からない。

こんな風に思っている人は多いのではないでしょうか?

YUI

この記事ではXMのロスカットや証拠金維持率、許容損失について分かりやすく解説します。

全部覚えるのはなかなか大変ですが、要領を掴んでもらって、トレードの戦略を建てる際に活用してもらえれば幸いです。

証拠金維持率とロスカットについて

XMでのロスカット水準について解説する前に、ロスカットと証拠金維持率について解説しておきます。

ご存知という方は上の目次から好きな箇所にジャンプするか、軽く流してもらえればと思います。

証拠金維持率の計算・確認方法

証拠金維持率(証拠金率)の解説画像

証拠金維持率は「口座の資産状況」を表しています。

証拠金維持率が高いと、「まだ余裕があるよ」という意味になります。

計算方法は、

証拠金維持率(%)=有効証拠金÷必要証拠金×100

計算に使うのは「残高」ではなく「有効証拠金」となります。

有効証拠金とは?
有効証拠金は残高に評価損益(含み益や含み損)を加味したものです。
たとえば口座残高が10万円で3万円の含み損を出している場合、有効証拠金は10万円ー3万円で7万円になります。
逆に、口座残高が10万円で2万円の含み益が出ている場合、有効証拠金は、10万円+2万円で12万円となります。
必要証拠金とは
必要証拠金とは、ポジションを建てるのに必要な最低限の証拠金のことです。
計算方法は、
必要証拠金=注文時の価格×エントリー枚数÷口座レバレッジ
となります。
たとえば、
・ドル円110円
・5万通貨エントリー
・口座レバレッジ888倍
この場合の必要証拠金は「110円×5万通貨(ドル)÷888倍=約6,194円」となります(
※小数点以下四捨五入)。

ちなみにXMでは必要証拠金を計算できるツールを提供しています。

通貨価格は刻一刻と変化しますし、888倍の割り算は大変なので、こちらを利用すると計算が簡単です。

取引通貨と数量、口座タイプとレバレッジを選ぶことで必要証拠金を簡単に計算できます

証拠金計算機|XM Trading

YUI

ちなみにですが、XMには入金ボーナスがあるので、同じ取引資金でもボーナスなし業者より有効証拠金が増えます。

有効証拠金が増えるので、証拠金維持率が高くなります。

関連記事:XMのボーナスに関する全知識を超まとめ☆ボーナスを活用してお得にトレードしよう!

XMではMT4/MT5で有効証拠金・必要証拠金・証拠金維持率を確認できる

XMはMT4で証拠金維持率や計算に必要な数字を全て確認できます。

MT4での証拠金状況の確認

  • 残高:口座に入っているリアルマネー
  • クレジット:ボーナス
  • 有効証拠金:残高+クレジット±含み益・含み損
  • 証拠金:現在のポジションに対する必要証拠金
  • 余剰証拠金:有効証拠金-証拠金のこと
(今のポジションを決済しなくても追加のポジションに利用できる証拠金)
  • 証拠金維持率:最新バージョンでは証拠金維持率が表示されます。XMではこれが20%を割り込むとロスカットとなります。

ロスカットとは

ロスカットとはFX会社が強制的に損切りを実効することです。

FX会社は「証拠金維持率が○○%以下になったら」といった具合で、証拠金維持率を基準にロスカットの条件を定めています。

これをロスカット水準と言ったりします。

ご存知の通り、XMのロスカット水準は「証拠金維持率20%以下」です。

ロスカット水準(=強制ロスカットになる証拠金維持率)が低いほど、含み損が出ても粘り強くポジションを維持することができます。

FXは含み損が発生しても決済が完了するまでは損失が確定しません。

そのため、強制的に決済されにくいので、「ロスカットレベルが低い=負けにくいFX会社」といっても過言ではありません。

XMのロスカット水準「証拠金維持率20%」はFX会社の中でもかなり低い水準となっています。

国内FXでは100%以上、海外FXでは20~50%程度で設定されていることが多いです。

XMでのロスカットまでの許容損失(逆行pips)を算出する方法

ここからは「最大レバレッジ888倍、口座残高10万円、ドル円110円のタイミングで10万通貨(1lot)のロングポジションでエントリーした場合」を例に、ロスカットまでの許容損失(pips)を算出する方法を解説します。

ロスカットまでの逆行分(pips)の計算手順

1. 必要証拠金を計算する
2. 証拠金維持率20%になる有効証拠金を計算する
3. ロスカットまでに許容できる含み損(円)を計算する
4. 含み損(円)からpipsを算出する

なお、計算は「小数点以下は全て切り捨て」「スワップは無視」しています。なので必ずこの通りになる訳ではないことを予めご了承下さい。

①必要証拠金を計算する

上でも説明しましたが、必要証拠金の計算式は次の通りです。

必要証拠金=注文時の価格×エントリー枚数÷レバレッジ

条件数値を当てはめると「注文時の価格(110円)×エントリー枚数(10万ドル)÷レバレッジ(888倍)」で必要証拠金は12,387円となります。

先述しましたが、XMでは必要証拠金の計算ツールが用意されています。

最新の価格で計算するのは結構大変なので、利用可能な環境ならこのツールを利用してみて下さい。

証拠金計算機|XM Trading

②証拠金維持率が20%になるタイミングの有効証拠金を計算する

証拠金維持率の計算方法は次の通りです。

証拠金維持率(%)=有効証拠金÷必要証拠金×100

ここから有効証拠金を求める式は以下のように変換ができます。

有効証拠金=証拠金維持率(%)×必要証拠金÷100

XMのロスカット水準は証拠金維持率20%

これを有効証拠金を求める式に当てはめると、

証拠金維持率(20%)×必要証拠金(12,387円)÷100=2,477円

となります。

③ロスカットまで許容できる含み損を計算する

許容できる含み損は、次の通りです。

許容できる含み損=口座残高ーロスカット時の有効証拠金

つまりロスカットまで許容できる含み損は、

100,000円ー2,477円=97,523円

となります。

④含み損(円)をpipsに換算する

最後に③で求めた許容損失をpipsに換算します。

ドル円(=110円)の10万通貨エントリーなので、1pipsの価値は1,100円。

97,523円÷1,100円=88.65pips

つまり、許容できる逆行分は88.65pipsということになります。

【口座残高別】ロスカットまでの逆行pips目安一覧

口座残高別に、XMの最大888倍のレバレッジにおける許容できる逆行分(pips)をまとめてみました。

当然ですが、残高が多ければ多いほど、また取引量は少ないほど、大きな値動きに耐えられます。

ドル円110円、エントリー時のスプレッドとスワップポイントは加味していないので、あくまで目安として捉えてもらえると幸いです。

口座残高3万円のケース

ポジション量 必要証拠金 ロスカットされる残高 許容できる含み損 許容できる逆行pips
1000通貨 124円 24円 29,976円 2725.0
1万通貨 1,238円 247円 29,753円 270.4
10万通貨 12,387円 2,477円 27,523円 25.0
100万通貨 123,873円 エントリー不可

口座残高5万円のケース

ポジション量 必要証拠金 ロスカットされる残高 許容できる含み損 許容できる逆行pips
1000通貨 124円 24円 49,976円 4543.2
1万通貨 1,238円 247円 49,753円 452.3
10万通貨 12,387円 2,477円 47,523円 43.2
100万通貨 123,873円 エントリー不可

口座残高10万円のケース

ポジション量 必要証拠金 ロスカットされる残高 許容できる含み損 許容できる逆行pips
1000通貨 124円 24円 99,976円 9088.7
1万通貨 1,238円 247円 99,753円 906.8
10万通貨 12,387円 2,477円 97,523円 88.6
100万通貨 123,873円 エントリー不可

口座残高30万円のケース

ポジション量 必要証拠金 ロスカットされる残高 許容できる含み損 許容できる逆行pips
1000通貨 124円 24円 299,976円 27270.5
1万通貨 1,238円 247円 299,753円 2725.0
10万通貨 12,387円 2,477円 297,523円 270.5
100万通貨 123,873円 24,774円 275,226円 25.0
YUI
エントリーする際の参考にしていただけると幸いです☆

ロスカットを回避するための3つのコツ

ロスカットが実効されるとポジションが強制的になくなってしまいます。

YUI
思ってもみないところでロスカットになってしまった・・・

こんなことにならないように、証拠金維持率を高めて、ポジションコントロールするコツを紹介します。

①レバレッジを高めに設定する

まずはレバレッジを高めに設定することをオススメします。

レバレッジが高ければ必要証拠金は少なくなるため、証拠金維持率を高めることができます。

スタンダード・マイクロ口座は888倍、ゼロ口座では500倍とXMのレバレッジ最大にしておくことがオススメです。

②証拠金維持率は常に300%を維持する

あくまで個人的な意見ではありますが、証拠金維持率が300%以上を維持することで安全圏と言えます。

証拠金維持率300%以上であれば、ちょっとした指標でのイレギュラーな値動きで刈られてしまうことはほとんどありません。

ロスカットが心配なら、証拠金維持率300%以上を維持できるようにポジション量や残高を調整するようにしましょう。

証拠金維持率300%ということは、必要証拠金に対して3倍の有効証拠金がある状態となります。

レバレッジ888倍の口座なら、実効レバレッジは300倍程度の運用となります。

実効レバレッジとは?

FXのレバレッジは、口座残高に対するポジション量によって決まります。
例えば残高10万円に対して、
・100万円分のポジション→実効レバレッジは10倍
・3000万円分のポジション→実効レバレッジは300倍

新規エントリー時には実効レバレッジを意識するようにしましょう。

③証拠金維持率が200%以下で残高を増やす

残高が増えれば有効証拠金が増えるので、証拠金維持率を高めることができます。

通貨ペアやポジション量にもよりますが、証拠金維持率200%を下回るような場合には残高を増やして、証拠金維持率を高めると良いかと思います。

方法としては追加入金もしくはボーナスを活用するの2種類があります。

追加入金することで残高を増やす

XMの入金方法は以下の4つがあります。

入金方法 入金手数料 口座反映までの時間 最低入金額 オススメ度
クレジットカード
デビットカード
無料 即時 500円 ★★★★★
銀行入金 無料(※1) 30分~1時間
(銀行営業時間内)
10,000円 ★★★★★
bitwallet入金 無料 即時 500円 ★★★★☆
SticPay 無料 即時 500円 ★★☆☆☆
BX One Wallet 無料 即時 500円 ★★☆☆☆

証拠金維持率200%となり、そのポジションを維持したい場合には追加入金の準備をしましょう。

関連記事:XMの入金方法まとめ!一番オトクな入金方法と入金の仕方を解説します☆

XMPをボーナスに換金

XMには「XMロイヤルティプログラム」というポイント制度があります。

ポイントは取引用のボーナスに換金可能なので、換金することで口座の有効証拠金を増やすことができます。

換金率は「ボーナス額=XMP÷3ドル」となります。

関連記事:XMのボーナスに関する全知識を超まとめ☆ボーナスを活用してお得にトレードしよう!

潔く損切りすることも戦略

追加入金すればロスカット発動を間延びさせられます。

だからといってズルズル行って、塩漬けとなってしまうのは絶対にダメです。
(含み損が膨らみ、切るに切れなくなってしまったポジションを塩漬けと言います)

予め損切りラインを設定して、そこに到達したら急ぎ良く損切りするようにしましょう。

FX取引において、損切りが上手くできない人には勝ち目はありません。

私は新規エントリー時には必ずストップを入れるようにしています。

まとめ

  • 証拠金維持率(20%)×必要証拠金÷100でロスカットされる残高数が分かる
  • 「現在の残高」-「ロスカットされる残高」で許容損失額が分かる
  • 「許容損失額」÷「現在のレート」でロスカットまでの逆行分(pips)が導ける
  • エントリー時には上記でざっくりとしたロスカットまでの逆行分を知ることが大事
  • 残高を増やせばロスカットを間延びさせられるが、塩漬けは絶対にNG
YUI

値動き、変動スプレッド、スワップポイントもあるので、正確にロスカットまでの許容逆行分を計算することは難しいですが、大体はこれで導けます。

これを用いて、トレード戦略に役立てて頂けると幸いです。

関連記事:XMって激推しされてるけど実際はどうなの?5年使い続けた感想を正直に語ります☆